川邊田 晃司 Kawabeta Koji

ID:9000391806154

長崎県立大 University of Nagasaki (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Antioxidant activity of onion and usability of its leaf produced in Minamishimabara, Nagasaki  [in Japanese]

    Yuasa Masahiro , Akao Yoshihiko , Kawabeta Koji , Abe Haruka , Tominaga Mihoko

    <b>目的</b> 地域食品をブランド化することで、地域活性化を図る取り組みが日本各地で推進されている。長崎県南島原市では、新タマネギとして「スーパーアップ(SU)」および「加津佐13号(K13)」が生産されており、これらのブランド化は長崎県の活性化の一助となることが期待されている。一方、新タマネギの葉は傷みやすいため利用されず処分されている。本研究では、南島原産新タマネギ …

    Abstracts of Annual Congress of The Japan Society of Home Economics 69(0), 136, 2017

    J-STAGE 

Page Top