山本 茂 Yamamoto Shigeru

ID:9000391903665

金沢大学 Kanazawa University (2018年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-7 of 7

  • Output power maximization using extremum seeking control for a vibration power generation system in multiple frequency vibration  [in Japanese]

    TAKE Tatsuya , KINDAICHI Yohei , YAMAMOTO Shigeru

    <p>This study verifies the effectiveness of extremum seeking control to maximize the output power of a vibration power generation system under the excitation force having multiple frequency comp …

    The Proceedings of JSME annual Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec) 2018(0), 2P2-M03, 2018

    J-STAGE 

  • Stabilization of chaotic systems by data-driven recursive delayed feedback control  [in Japanese]

    Aramata Ryota , Yamamoto Shigeru

    Proceedings of the Japan Joint Automatic Control Conference 61(0), 1447-1449, 2018

    J-STAGE 

  • Washout Control for Cyclic Traffic Flow  [in Japanese]

    Sakaguchi Eiji , Yamamoto Shigeru

    自動車は移動手段のひとつとして広く普及しており,現代社会には欠かせないものとなっている.しかし,一方で自動車の普及率が高い現代では渋滞現象が発生することがしばしばある.この論文では,サイクリックな交通流の渋滞現象の抑制のための分散制御を考える.最適速度モデルを用いて,渋滞現象の解析を行う.この最適速度モデルに発生する渋滞現象を抑制するために,我々はウォッシュアウト制御を用いている.いくつかの数値シ …

    Proceedings of the Annual Conference of the Institute of Systems, Control and Information Engineers SCI10(0), 234-234, 2010

    J-STAGE 

  • Simultaneous design of model and controller parameter tuning based on data-driven IMC with FRIT  [in Japanese]

    Wadagaki Yusuke , Kaneko Osamu , Yamamoto Shigeru

    本発表では,一組の実験データを直接用いた制御器パラメータ調整手法であるFRITに基づき,IMCの制御器調整を行う手法を提案する.その際,制御器に応答モデルを内包させたIMCフィルタを採用することで,所望の応答を達成する制御パラメータのみならず,制御対象のパラメータも得られることを示す.また,数値シミュレーションにより提案手法の有効性も示す.

    Proceedings of the Annual Conference of the Institute of Systems, Control and Information Engineers SCI10(0), 18-18, 2010

    J-STAGE 

  • A target enclosing method for a nonholonomic multi-agent system

    Takayama Youhei , Yamamoto Shigeru

    非ホロノミックエージェントによるターゲット包囲を達成する新たな分散制御法を提案する.ターゲット包囲を達成するためには対象とするターゲットから一定の距離を保ち,等間隔に取り囲むフォーメーションが必要である.提案手法は,各エージェントの速度の決定にその近傍のエージェントとターゲットとに関する直接測定可能な角度のみを用いるという特徴を有している.誤差が生じやすい距離の測定や,全てのエージェント間の通信も …

    Proceedings of the Annual Conference of the Institute of Systems, Control and Information Engineers SCI09(0), 497-497, 2009

    J-STAGE 

  • Stability analysis of a networked distributed control system with quantized measurements

    Nishigaito Hideki , Yamamoto Shigeru

    制御対象の観測値が量子化されるネットワーク型分散制御システムの安定性を解析する.ネットワーク型分散制御システムでは,各局所制御器がネットワークを通じたデータのマルチキャスト送信を行うことができ,これにより集中制御を摸した制御をおこなう.各制御器は状態推定値を用いて擬似集中制御をおこなうが,状態推定誤差が基準値を超えたときのみネットワークを用いて観測値をマルチキャストし,共有した観測値を用いて状態推 …

    Proceedings of the Annual Conference of the Institute of Systems, Control and Information Engineers SCI09(0), 499-499, 2009

    J-STAGE 

  • Support for riding a bicycle via washout control  [in Japanese]

    Shima Kotaro , Takimoto Takashi , Yamamoto Shigeru

    二輪車は手軽な乗り物として広く普及している.しかし,二輪車は低速走行時ではその構造上不安定性を有しており,操舵・体重移動を行ってバランスを保つ必要がある.そのため思いもよらない不測の出来事や,初心者・高齢者などの低い操舵技術が原因となって怪我や事故につながる恐れがある.本研究では,二輪車のステアリングトルクを調整することで,ライダの操舵を支援する自動制御を考える.ライダが行う安定化動作を支援するこ …

    Proceedings of the Annual Conference of the Institute of Systems, Control and Information Engineers SCI08(0), 309-309, 2008

    J-STAGE 

Page Top