林 和典 Hayashi Kazunori

ID:9000391932064

奈良先端大<br>バイオ Graduate School of Biological Science,<br>Nara Institute of Science and Technology (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Novel Microtuble-Assosiated Protein SPIRAL2 in <I>Arabidopsis</I>

    Shoji Tsubasa , Narita Noriyuki , Hayashi Kazunori , Sonobe Seiji , Hashimoto Takashi

    分裂により新たに生じた植物細胞は体軸方向に急速に伸長する。植物細胞の伸長方向は細胞壁の主成分であるセルロース繊維が伸長方向と直角に沈着し、いわゆる「たが」として働くことで規定される。また、セルロース繊維は細胞質表層部に存在する表層微小管と平行して沈着することから、表層微小管がセルロース繊維の配向を通じて細胞伸長の方向性を決めているとされている。<br> アラビドプシス変異体<I& …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2003(0), 335-335, 2003

    J-STAGE 

Page Top