中田 克 Nakata Masaru

ID:9000391935266

広島大院・理 Graduate School of Science, Hiroshima Univ. (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Analysis of phosphorylation mechanism of RSG by NtCDPK1

    Nakata Masaru , Santo Tomoko , Ito Takeshi , Ishida Sarahmi , Furumoto Tsuyoshi , Takahashi Yohsuke

    RSGはジベレリン(GA)内生量調節に関与するbZIP型転写活性化因子である。これまでに、RSGの機能はGA内生量に応じた細胞内局在調節によって制御されており、その制御にはRSGのSer-114のリン酸化が重要であることを明らかにしてきた。RSGのSer-114を特異的にリン酸化するキナーゼとしてカルシウム依存性タンパク質キナーゼNtCDPK1が同定された。植物には多数のCDPKイソフォームが存在 …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2007(0), 737-737, 2007

    J-STAGE 

Page Top