久保 喜平 KUBO Kihei

ID:9000391975993

大阪府立大 生命環境科学 獣医放射線 Dept. Vet. Sci., Osaka Prefecture Univ. (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Characterization of novel thymine glycol-DNA glycosylase activity in nuclear extract of mouse organs  [in Japanese]

    YAMAMOTO Ryohei , TAKENAKA Shigeo , IDE Hiroshi , YAMAMOTO Kazuo , MUTSUYAMA Satoshi , KUBO Kihei

    DNAは安定な化合物ではあるが、常に様々な環境の変化に曝されており、また、そこに含まれている情報は完全に保全される必要がある。それゆえに、原核生物からヒトに至るまで、いくつものDNA修復機構の存在が知られている。塩基除去修復(BER)は、その内の経路の一つである。BERでは、主にアルキル化や酸化などの損傷を受けた塩基の除去と、それに続く修復が行われている。チミングリコール(Tg)は、BERで除去さ …

    The Japan Radiation Research Society Annual Meeting Abstracts 2006(0), 178-178, 2006

    J-STAGE

Page Top