高沢 博修 Takasawa Hironao

ID:9000391993807

株式会社三菱化学安全科学研究所安全性第3研究部 Mitsubishi Chemical Safety Institute Ltd. (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Combination method of triple- dose micronucleus test and comet assay  [in Japanese]

    Hamada Shuichi , Hayashi Makoto , Ishii Hiroyuki , Kotani Yuri , Takasawa Hironao , Narumi Kazunori , Kawabata Masayoshi , Takashima Rie , Minowa Shigenori , Nakagawa Munehiro

    ICHではS2ガイドラインの改定作業が進行中であり,in vivo遺伝毒性試験(小核試験,コメットアッセイ)を一般毒性試験(2週間~4週間の反復投与毒性試験)の一試験項目として実施する組込み法の検討がなされている.一方,2~4週間の反復投与毒性試験に組込むことで最高用量が下がり,これまで,短期大量投与で実施していた遺伝毒性試験の感度が低下することが懸念されている.これらの問題をクリアし,さらに動物 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 36(0), 4154-4154, 2009

    J-STAGE 

Page Top