加国 雅和 KAKUNI MASAKAZU

ID:9000391994467

株式会社フェニックスバイオ Phoenix Bio, Co., Ltd. (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Hepatic gene expression in flutamide-treated rats and chimeric mice with humanized liver  [in Japanese]

    NINOMIYA SHIN-ICHI , NAGATSUKA SHIN-ICHIRO , MATSUMURA KAZUMI , ONISHI GAKU , HYNES DARINA , KAKUNI MASAKAZU , TATENO CHISE , SHIMADA TAKASHI , YAMAZOE YASUSHI

    【目的】肝機能不全、および重度免疫不全を有するuPA/SCIDマウスにヒト肝細胞を移植することにより、肝臓の一部がヒト肝細胞で置換されたキメラマウスが得られる。置換率が70%を超える高置換ヒト肝細胞キメラマウス(PXBマウス)ではヒト薬物代謝酵素が高レベルで発現しており、薬物の代謝、排泄パターンがヒト型を示すことが知られている。したがって、PXBマウスはヒトにおける薬物体内動態を推定するためのモデ …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 35(0), 253-253, 2008

    J-STAGE 

Page Top