松田 正之 MATSUDA Masayuki

ID:9000391998893

信州大学医学部第三内科 The Third Department of Internal Medicine Shinshu University School of Medicine (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Influence of CYP2C19 genetic polymorphism on the pharmacokinetics of thalidomide  [in Japanese]

    MATSUZAWA Naoki , NAKAMURA Katsunori , MOMOSE Yasuyuki , MATSUNAGA Tamihide , MATSUDA Masayuki , OHMORI Shigeru

    【目的】サリドマイドは,睡眠薬として開発・販売されたが,妊娠初期に用いられた場合にフォコメリアと呼ばれる四肢の全部あるいは一部が短いなど特有の奇形を持つ新生児の多発が報告された。このことから,日本では1962年に販売が中止されたが,近年,再発又は難治性の多発性骨髄腫治療薬としての効能が見いだされ,2009年2月に販売が再開された。サリドマイドは,その一部が<I>CYP2C19</ …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 37(0), 281-281, 2010

    J-STAGE 

Page Top