加国 雅和 Kakuni Masakazu

ID:9000391999253

(株)フェニックスバイオ PhonixBio (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Toxicogenomics approch of drug induced hepatotoxicity using cimeric mice with humanized liver  [in Japanese]

    Ninomiya Shin-chi , Nagatsuka Shjn-ichirou , Adachi Yasuhisa , Kakuni Masakazu , Shimada Takashi , Sudou Tetsuji , Yamazoe yasushi

    肝臓の大部分がヒトhepatocyteで置換されたヒト肝細胞キメラマウス(PXBマウス)はヒト型の薬物代謝を示すことが知られており、ヒト特有あるいはヒトに優勢な代謝物に起因する薬物の副作用発現を検討する上で有用なモデル動物である。ヒトにidiosyncraticな肝毒性を惹起するflutamide(FLU)はげっ歯類には顕著な肝毒性を示さず、これは薬物代謝酵素あるいはglutathione(GSH …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 34(0), 5149-5149, 2007

    J-STAGE 

Page Top