渋谷 淳 SHIBUTANI Makoto

ID:9000392000068

東京農工大学 獣医病理 Laboratory of Veterinary Pathology, Tokyo University of Agriculture and Technology (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Molecular pathological analysis on the liver tumor promoting effect of indole-3-carbinol in rats  [in Japanese]

    SHIMAMOTO Keisuke , KAWAI Masaomi , SAEGUSA Yukie , KEMMOCHI Sayaka , SHIBUTANI Makoto , MITSUMORI Kunitoshi

    【緒言】I3Cはブロッコリーやキャベツなどアブラナ科の野菜に含まれるアルカロイドで,腫瘍抑制効果があり,そのメカニズムにはNF-κB経路,Akt経路及びMAPK経路の関与が報告されている。一方,I3Cは,高用量投与により肝腫瘍プロモーション作用を示し,またCYP1A誘導剤としても知られている。β-ナフトフラボン等のCYP1A誘導剤は,その薬物代謝過程で活性酸素種(ROS)が産生され,そのROSが細 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 37(0), 120-120, 2010

    J-STAGE 

Page Top