西中 栄子 NISHINAKA EIKO

ID:9000392002260

財団法人 実験動物中央研究所|株式会社ジェー・エー・シー Central Institute for Experimental Animals|JAC Inc. (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Continuous carcinogenic susceptibility monitoring of CB6F1 TG rasH2 mice  [in Japanese]

    URANO KOJI , MACHIDA KAZUHIKO , NISHINAKA EIKO , ITO KAZUAKI , TOMIZAWA MASASHI , OGURA TOMOYUKI , YASUDA MASAHIKO , TSUTSUMI HIDEKI

    rasH2マウスはヒト発がん物質に対して高い感受性を有しており、短期がん原性試験用の動物として最も多く使用されている。本マウスは現在、日米2施設(日本クレア及びTaconic社)で生産されており、我々はこれら2施設で生産されたrasH2マウスの発がん感受性を、陽性対照物質N-methyl-N-nitrosourea (MNU)に対する反応性を指標として定期的に検証している。原則として5年毎(生産施 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 38(0), 20171-20171, 2011

    J-STAGE 

Page Top