越後貫 成美 OGONUKI NARUMI

ID:9000392064054

理研 BRC RIKEN BRC (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Improvement of cumulus-free IVM and its application to microinsemination with primary spermatocytes in mice

    MIKI HIROMI , OGONUKI NARUMI , INOUE KIMIKO , BABA TADASHI , OGURA ATSUO

    【目的】卵子の体外成熟 (IVM) 技術は、卵子の細胞化学的研究や核置換実験に必須の技術である。しかし、マウスのcumulus-free IVMの効率は極めて悪く、IVM液への血清の添加やMII染色体置換などで対処しているのが現状である。そこで、この原因の追及と技術改善を目的としてIVM卵子を細胞化学的に解析した。さらに改良IVM法を一次精母細胞の顕微授精へ応用した。【方法】IVMには、&alph …

    The Journal of Reproduction and Development Supplement 98(0), 108-108, 2005

    J-STAGE 

Page Top