康 珉秀 Kang Min Soo

ID:9000392064627

濟州大学校・生命資源科学大・動物繁殖 Cheju National U (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • The presence of RLF ligand-receptor in the goat testis

    Su Chin , Nakai Mari , Kato Chinnichi , Aoshima Takuya , Maruyama Koji , Hamano Koh-Ichi , Kang Min Soo , Kohsaka Tetsuya , Bamba Kimio

    【目的】リラキシンは,子宮の組織改変作用のほか,多岐にわたる組織で作用が注目されている多機能性ホルモンである。しかし,反芻家畜ではリラキシンの存在は不明瞭で,その代替としてリラキシン関連タンパク(RLF)が機能的なリラキシンとして発現していることが示唆されている。最近,LGR7とLGR8と呼ばれる2種類のリラキシン受容体がヒトで発見され,とくにRLFはLGR8のみを受容体とすることが判明している。 …

    The Journal of Reproduction and Development Supplement 98(0), 138-138, 2005

    J-STAGE 

Page Top