内田 博幸 Uchida Hiroyuki

ID:9000392071921

株式会社IHI IHI Corporation (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-6 of 6

  • Numerical Simulation of molten glass behavior drained from a nozzle  [in Japanese]

    Matsuno Shinsuke , Uchida Hiroyuki , Ito Toshiyuki , Endo Yoshihiro , Fukui Toshiki

    ガラス溶融炉の流下ノズルから流出する溶融ガラスの挙動について,自由界面法を用いた数値解析を実施した.慣性力,重力,粘性力および表面張力の作用により,溶融ガラスにはteapot効果が現れ,ノズルエッジよりも外側に偏って流出する.粘性が高くなると流下速度が小さくなり,相対的に表面張力の効果が大きくなるため,ノズル下端面に沿って流れる傾向が顕著になる.

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2009s(0), 306-306, 2009

    J-STAGE 

  • Numerical Flow Simulation Coupled with Electric Field, Heat Transfer and Particle Behavior in a Joule-Heated Glass Melter  [in Japanese]

    ISO Yoshiyuki , MATSUNO Shinsuke , UCHIDA Hiroyuki , OONO Isamu , Toshiyuki ITO , FUKUI Toshiki , OOBA Takaaki

    高レベル放射性廃液の固化処理で使用されるジュール加熱式ガラス溶融炉では,通電・発熱・流動・白金族粒子挙動など,多様な現象が連成している.本研究では,ガラス溶融炉を効率良く運転するための支援システム・設計ツールとして,上記現象を複合的に再現し,溶融炉全体の運転状況を予測できる数値解析技術を開発した.ガラスの熱流動に電場・粒子挙動を連成させることで,電場と熱流動場との関連性や,白金族粒子の沈降・堆積が …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2008s(0), 578-578, 2008

    J-STAGE 

  • A numerical study on natural convection at high Prandtl numbers  [in Japanese]

    MATSUNO SHINSUKE , ISO YOSHIYUKI , UCHIDA HIROYUKI , ITO TOSHIYUKI , OONO ISAMU

    高いプラントル数を持つ溶融ガラスについて,数値流体解析で自然対流の特性を調べた.二次元正方形閉キャビティにおいて,上面を冷却面として内部発熱を持たせた場合,ある程度の温度差が生じると自然対流が発生し,温度は振動を始める.この振動特性について,計算格子および発熱量の影響を確認し,ガラス溶融炉の数値流体解析に必要な計算条件を検討した.

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2008f(0), 312-312, 2008

    J-STAGE 

  • Development of Computational Analysis Method for Glass Melters [ I ]:Thermal/Fluid/Electricity Combined Computational Analysis on Glass Melters

    FUKUI TOSHIKI , HAMADA TAKASHI , MATSUNO SHINSUKE , ISO YOSHIYUKI , TOKURA SUSUMU , KATO SYU-ICHI , UCHIDA HIRYOYUKI , OKUBO TETSURO , KANO SHIGERU , AKASHI YUTAKA

    高レベル放射性廃液の固化処理に用いる直接通電式ガラス溶融炉の運転支援を目的として,ガラス溶融炉内の電位分布とジュール発熱,それに伴う溶融ガラスの自然対流と耐火材を含めた伝熱過程を同時に考慮した数値解析を行った.本研究により炉内の電流密度分布と温度分布を連成して解析することが可能になった.

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2006s(0), 477-477, 2006

    J-STAGE 

  • Development of Computational Analysis Method for Glass Melter [ II ]:Numerical Simulation of Noble Metals Behavior in Glass Melter

    KATO SYU-ICHI , HAMADA TAKASHI , ISO YOSHIYUKI , MATSUNO SHINSUKE , TOKURA SUSUMU , UCHIDA HIROYUKI , FUKUI TOSHIKI , OKUBO TETSURO , KANO SHIGERU , AKASHI YUTAKA

    直接通電式ガラス溶融炉の運転支援を目的として,溶融炉内における白金族粒子の沈降・堆積挙動の数値解析手法を開発した.通電状況,ガラス流動,白金族粒子挙動に関する連成解析を行うことで,実機プラントでの運転状況の把握や白金族粒子の沈降・堆積が溶融炉運転に与える影響の評価を試みた.

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2006s(0), 478-478, 2006

    J-STAGE 

  • Numerical Simulation on the Particle Behavior of the Platinum Group in a Glass Melter [I]

    Sakai Mikio , Hamada Takashi , Matsuno Shinsuke , Tokura Susumu , Uchida Hiroyuki , Iso Yoshiyuki , Fukui Toshiki , Okubo Tetsuro , Kano Shigeru , Akashi Yutaka

    高レベル放射性廃液の固化処理に用いる直接通電式ガラス溶融炉の運転支援を目的として,ガラス溶融炉内の電位,温度,ガラスの流動および白金族粒子挙動を同時に考慮した数値解析を行った.ガラスに生じる自然対流が炉内の白金族粒子の沈降,堆積挙動に強く影響することが明らかになった.

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2006f(0), 324-324, 2006

    J-STAGE 

Page Top