松浦 治明 MATSUURA Haruaki

ID:9000392072605

東工大原子炉研 RLNR, Tokyo Tech (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Development of Pyrochemical Rreprocessing Technology Based on Co-electrodeposition Method (2):Structural analysis on molten chlorides containing cerium by XAFS

    MATSUURA Haruaki , UMESAKI Norimasa , KOFUJI Hirohide , MYOCHIN Munetaka

    混合酸化物燃料を対象とした電解共析法開発の一環として、セリウムを含んだ溶融塩化物のセリウムイオン周りの局所構造が、種々の条件によりどのように変化するかを観察するため高温XAFS構造解析を行った。セリウムイオンはアルカリ塩中で6配位構造の安定化が起こり、また酸化物イオン共存下で、塩化物とも酸化物とも異なる局所構造をもつ安定な酸化塩化物が生成することが明らかとなった。

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2005s(0), 477-477, 2005

    J-STAGE 

Page Top