古志野 伸能 Koshino Nobuyoshi

ID:9000392072759

東工大・原子炉研|産創研 Research Laboratory for Nuclear Reactors in Tokyo Institute of Technology|Institute of Research and Innovation (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Development of a simple reprocessing process using selective precipitant for uranyl ions:Temperature influence on formation of NCP precipitate

    Koshino Nobuyoshi , Kikuchi Toshiaki , Harada Masayuki , Ikeda Yasuhisa , Nogami Masanobu , Suzuki Kazunori , Mineo Hideaki , Morita Yasuji , Yamasaki Kazuhiko , Chikazawa Takahiro

    N-シクロヘキシル-2-ピロリドンを利用したウラニルイオンの選択的沈殿法による再処理プロセスの構築を目指し、ウラニルイオンの最適な沈殿条件に関する知見を得るために、沈殿形成時における反応温度の影響について実験を行った。沈殿は、25 ℃よりも50 ℃においてより速く形成され、さらに、沈殿の性状として25 ℃よりも50 ℃において大きな沈殿が得られることから、反応温度を高くしたほうが沈殿速度および性状 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2003f(0), 440-440, 2003

    J-STAGE 

Page Top