丁 興成 Ding Xing Cheng

ID:9000392074122

東京工業大学原子炉工学研究所 Tokyo Institute of Technology, Research Laboratory for Nuclear Reactors (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-3 of 3

  • N-15 high isotopic enrichment by ion exchange chromatography

    Nomura Masao , Ding Xing Cheng , Kaneshiki Toshitaka , Matsunaga Ichiro , Suzuki Tatsuya , Fujii Yasuhiko

    ハイポーラス型陽イオン交換樹脂を用いた液体クロマトグラフィーによる窒素同位体分離実験を行った。今回天然比とは異なった濃縮窒素を用いて99%以上の高濃縮を目指した。その結果、80%のN-15濃縮から出発して50m泳動後、99.85%の超高濃縮のN-15が得られた。

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2006f(0), 575-575, 2006

    J-STAGE 

  • Nitrogen isotope separation by ion exchange chromatography

    Nomura Masao , Ding Xing Cheng , Dang Weirong , Suzuki Tatsuya , Fujii Yasuhiko

    ハイポーラス型陽イオン交換樹脂を用いた液体クロマトグラフィーによる窒素同位体分離実験を行った。その結果、N-14の高濃縮が得られ、また、N-15についても天然値から21%まで濃縮する結果が得られた。同位体分離係数εは吸着帯の前端部と後端部においてほぼ同じ値であるが、HETPについては前端部と後端部で異なる値を得た。

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2005f(0), 437-437, 2005

    J-STAGE 

  • Zinc isotope separation by using benzo-15-crown-5-ether resin(III)

    Nomura Masao , Aida Masao , Raul Boue , Suzuki Tatsuya , Kim Hyung Jun , Ding Xing Cheng , Fujii Yasuhiko

    ベンゾ_-_15_-_クラウン_-_5樹脂を用いた液体クロマトグラフィーによる亜鉛同位体分離実験を行った。その結果、軽同位体が樹脂側に濃縮し、その同位体分離係数εは溶離展開速度に依らずほぼ一定であった。また、HETPは流速に比例して増大し、HETPの流速依存性を確認した。

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2005s(0), 455-455, 2005

    J-STAGE 

Page Top