古志野 伸能 KOSHINO Nobuyoshi

ID:9000392087817

東工大・原子炉研|産創研 Research Laboratory for Nuclear Reactors, Tokyo Institute of Technology|Institute of Research and Innovation (2004年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A structural study of uranyl nitrate complexes with pyrrolidone derivatives

    KOSHINO Nobuyoshi , HARADA Masayuki , Ikeda Yasuhisa , NOGAMI Masanobu , MORITA Yasuji , KIKUCHI Toshiaki

    近年、アミド化合物を用いた再処理法の研究が進められている。しかし、ピロリドン誘導体を含めたアミド化合物のウラニルイオンに対する配位性や配位構造に関する情報は限られている。そこで、ピロリドン誘導体が配位したウラニル錯体の構造を調べ、各ピロリドンの配位性や配位構造について考察を行った。ウラニルイオンの対称伸縮振動と非対称伸縮振動とドナー数には相関関係があることが報告されており、その関係式から各ピロリド …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2004f(0), 439-439, 2004

    J-STAGE 

Page Top