浅沼 徳子 Asanuma Noriko

ID:9000392094157

東海大学 Tokai university (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Redox behavior of palladium ion in eutectic solvents based on choline chloride  [in Japanese]

    Saito Tatsuya , Asanuma Noriko , Ikeda Yasuhisa

    乾式再処理プロセスの処理媒体として塩化コリン系共融混合物の適応可能性について検討している。その基礎データとして核分裂生成物のひとつであるパラジウムの電気化学的挙動について検討した。尿素混合物、エチレングリコール混合物中のパラジウムイオンの電気化学測定を行った結果、尿素がパラジウムイオンの溶存状態に関与し、酸化還元挙動に影響を及ぼしている可能性が示唆された。

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2008f(0), 695-695, 2008

    J-STAGE 

Page Top