黒崎 利和 Kurosaki Toshikazu

ID:9000392095152

財団法人 エネルギー総合工学研究所 The Institute of Applied Energy (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Development of High Burnup Fuel for Next Generation Light Water Reactor:(3)Study on Economical Merits of >5wt% Enrichment Fuel  [in Japanese]

    Maruyama Hiromi , Aoyama Motoo , Gunji Satoshi , Hiraiwa Kouji , Yoshizu Tatsuhiro , Kimura Toshiya , Kurosaki Toshikazu

    2030年運開始を目指す次世代軽水炉では、使用済み燃料体数の大幅削減と燃料サイクルコストの低減、稼働率向上を同時に実現するために高燃焼度燃料・長期サイクル運転が実現できるウラン濃縮度5wt%を超える高燃焼度燃料の導入を計画している。2008年度から本格的な開発を開始し、昨年度までに燃料サイクル全般の技術課題に関する課題と対応策の確認、燃料サイクル全般のコストメリットの確認を行い、開発可能との見通し …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2010f(0), 416-416, 2010

    J-STAGE 

Page Top