鎌田 創 KAMADA So

ID:9000392119341

放射線医学総合研究所 National Institute of Radiological Sciences (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Measurement of gamma rays in the high energy neutron field by using pulse shape discrimination  [in Japanese]

    KAMADA So , TAKADA Masashi

    緊急被ばく医療においては、患者の被ばく線量評価が重要である。原子炉での被ばく事故はもとより高エネルギー加速器施設での被ばく事故での線量評価手法の開発が喫緊の課題である。特に、中性子とガンマ線の混在場においてガンマ線の線量評価手法は現在も定まっていない。波形弁別法は、有機液体シンチレータを用いた測定で中性子とガンマ線の弁別に有効であった。有機液体シンチレータではガンマ線のエネルギー決定精度が悪いのが …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2011f(0), 71-71, 2011

    J-STAGE 

Page Top