今田 修二 IMADA Shuji

ID:9000392597535

製品評価技術基盤機構 北関東支所 Kitakanto Regional Office, National Institute of Technology and Evaluation (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Study on Discrimination between Primary and Secondary Molten Marks at Attachment Plugs and Receptacles.  [in Japanese]

    LEE Eui-Pyeong , OHTANI Hideo , SEKI Tsutomu , HASEGAWA Hideo , IMADA Shuji , YASHIRO Isao

    出火した箇所には,プラグの差刃やコンセントの刃受に溶融痕跡が存在する場合がある。これらの溶融痕跡は,火災原因調査の際,発火(出火)原因を解明する大きな手がかりになる可能性がある。これらの溶融痕跡が出火時(1次的)に生成されたものか,火災による短絡により2次的に生成されたものかの判別方法を確立するため,実験的に1次・2次溶融痕跡を作製してどのような差があるか検討したところ,以下の結果が得られた。&l …

    Bulletin of Japan Association for Fire Science and Engineering 51(2), 105-113, 2001

Page Top