佐藤 永雄 SATO TSUNEO

ID:9000392739193

昭和医科大学生化学教室 Department of Biochemistry, Showa Medical School (1956年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • CHOLINESTERASE ACTIVITY OF LIVER AND BLOOD SERUM FROM RATS DURING THE DEVELOPMENT OF HEPATOMA BY CARCINOGEN FEEDING

    SATO TSUNEO

    ダイコクネズミに肝癌生成物質バターエロー (DAB) 及び2•アセチールアミノフルオレン (AAF) をそれぞれ投与し, 実験開始後4週までのネズミ肝及び血清を実験に供した。また長期間投与後, 発癌剤投与を中絶し正常食でなお飼育をつづけた動物についても同様に実験した。<br>肝はリンゲルで均質液を作り酵素液とし, 基質はアセチールコリン及びアセチール•ベータ&bul …

    Gann 47(2), 237-242, 1956

    J-STAGE 

Page Top