畑野 健一 HATANO Ken-ichi

ID:9000392768568

東京大学演習林田無試験地 Tokyo University Forest Experiment Sation (1967年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Detection of Coumarin and <i>o</i>-Coumaric Acid in the Seed Coats of <i>Pinus densiflora</i>

    HATANO Ken-ichi

    アカマツ種皮の80%メタノール抽出液を4種の溶媒による一次元ペーパークロマトグラフィーによって分析し, 4つのフェノール性物質を分離した。このうち2つは,クマリンおよび<i>o</i>-クマール酸であると推定した。クマジンはアカマツ種子の休眠に何らかの闘係をもつものと考えられる。

    JOURNAL OF THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY 49(5), 205-207, 1967

    J-STAGE 

Page Top