岡村 政則 Hiraoka M

ID:9000392775644

(独) 林木育種センター九州育種場 Kyush uRegiona1lBreeding Office, Forest Tree Breeding Center (2004年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Effects of Defoliation and Disbudding on Rooting Ability of Japanese Black Pine Cuttings

    Sasaki M , Hiraoka N , Okamura Y , Hiraoka M , Fujisawa Y

    クロマツのさし木による効率的な生産システムを確立するため, さし穂の調整手法の最適条件を検討した。1年生実生苗の主軸をさし穂とし,摘葉•摘芽め強度および切口の処理を変えてさし木を行った。その結果,1)針葉が54%以上あれば発根率54~62%を示したが,過度な摘葉によって発根率は低下した。また,針葉が54%の処理区で最も根系が発達した。2)冬芽を一部または全て除去したさし穂は,冬芽を残した …

    JOURNAL OF THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY 86(1), 37-40, 2004

    J-STAGE

Page Top