仲野 純章 NAKANO Sumiaki

ID:9000397862005

奈良県立奈良高等学校 Nara Upper Secondary School, Nara (2019年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-5 of 5

  • Extraction of Misconception on Inelastic Collision and the Correction Strategy for the Misconception  [in Japanese]

    NAKANO Sumiaki

    <p>本研究では,衝突現象の中でも身近な「球体と壁との非弾性衝突」に関する誤概念について,その抽出と修正方略の検討・実践を試みた。まず,球体の運動方向と壁とのなす角度(衝突角度,はね返り角度),及び球体の速さについて,衝突前後の変化を尋ねる誤概念調査(事前調査)を実施し,当該現象に関する誤概念を抽出した。その結果を踏まえ,誤概念から科学的概念への概念修正を促すべく,誤概念の明確化と誤概 …

    Journal of Research in Science Education 59(3), 423-430, 2019

    J-STAGE 

  • Teaching Method for Idealized Physics Concepts:—Through a Practice of Physics Lesson Considering the Connection Between Physics Concepts and Reality—  [in Japanese]

    NAKANO Sumiaki

    <p>物理学では理論的モデルに基づいて様々な現象を説明しようとし, その理論展開の中で用いる物理概念は, 基本的に理想化されている。物理教育現場では, このように理想化された物理概念を, いかに現実の具体的事象と対応させながら学習者に理解させるかが重要な課題である。本研究では, 物理概念の代表例として質点を取り上げ, 学習者の納得性向上に寄与する指導法について, 授業実践を行いながら検 …

    Journal of Research in Science Education 59(2), 277-284, 2018

    J-STAGE 

  • Requirement of Introduction of IE (Industrial Engineering)Thinking in Subject Education  [in Japanese]

    NAKANO Sumiaki

    <p>産業界では, 現状の作業を時間的側面から定量的に解析し, 改善に繋げる問題解決型手法の一つとして, IE(Industrial Engineering)という概念が, 特に製造業を中心に普及している。教育界では, 「受動的学習」から「能動的学習」へと学習スタイルの変革が進展している一方で, 時間的側面に着目し, 能動的学習の教育効果を増大させるために授業構成や授業体制の改善をどう …

    Journal of Research in Science Education 59(1), 97-104, 2018

    J-STAGE 

  • Consideration of the Necessity of Visualizing Physical Phenomena:—Analysis of Students' Answering Behaviors on Wave Problems—  [in Japanese]

    NAKANO Sumiaki

    <p>物理問題を解く際の有効なアプローチとして, 作図, すなわち問題の設定条件などを可読性に富んだ図として表現すること(物理的描写)が要求される。物理的描写は, 対象となる物理現象に対する本質的理解を伴った上でなされるべきであることはいうまでもない。しかし, 物理教育で扱う物理現象の中には, 観察が難しい現象(難観察現象)も種々存在し, それらについては, 学習者の本質的理解を助ける …

    Journal of Research in Science Education 59(1), 105-111, 2018

    J-STAGE 

  • Instructional Design Based on an Analysis of Learners' Feelings in High School Physics Education  [in Japanese]

    NAKANO Sumiaki

    <p>本研究では, 高等学校における万有引力分野の指導の中で, 生徒が感じている当該分野に対する否定的な印象(ネガティブ感情)を収集・分析し, その結果を踏まえた授業を設計・実践して効果を調べた。授業実践前の意識調査では, 対象集団の約1/4が当該分野に興味を持てていない実態が明らかとなった。また, 当該分野への興味有無に関わらず, 「状態や運動をイメージしにくい」というネガティブ感情 …

    Journal of Research in Science Education 59(1), 139-146, 2018

    J-STAGE 

Page Top