片岡 智哉 KATAOKA Tomoya

ID:9000399240103

名古屋市立大学大学院医学研究科臨床薬剤学 (2018年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • 抗がん剤による男性性機能への影響:がんサバイバーのQOL向上を目指して  [in Japanese]

    KATAOKA Tomoya , SANAGAWA Akimasa , SANAGAWA Akimasa

    日本人の2人に1人はがんになると言われるほど、がんは身近なものであるが、近年の診断技術の発展や治療法の進歩も伴い、今やがんは不治の病ではなくなりつつある。本邦ではがんサバイバーが500万人以上、米国でも1300万人以上存在し、世界規模で年々増加している。現在のがん治療においては、がん罹患後のサバイバーシップにまで視野に入れたケアプランの構築が重要視されている。がんサバイバーの性に関するガイドライン …

    Farumashia 54(12), 1129-1131, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top