鶴巻 史子 Tsurumaki Fumiko

Articles:  1-1 of 1

  • A Factorial Analysis of Changing Preferences on Ambivalent Design Using Hair  [in Japanese]

    Tsurumaki Fumiko

    本研究では、「気持ち悪いけれどカワイイ」のような感性的イメージの両義性に着目し、不快から快、嫌悪から愛好へと錯綜する感性的イメージが変化する際の、肯定的要因・否定的要因と、その移行段階を、人間の毛髪を例に実験的な手法によって明らかにすることを目的とする。また、実験刺激の形状、量、色、図形化、配置、成形がイメージの変化にどの程度影響するかについて検証し、感性的イメージの両義性についての認識の構造を明 …

    design research 65(0), 64-71, 2014

    J-STAGE 

Page Top