杉本 宗子

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 一九世紀中葉フランス植民地拡大における海港都市マルセイユ商人の役割 (特集 海)

    杉本 宗子

    本稿は、マルセイユ商人に焦点を当て、一九世紀中葉のフランス帝国主義を、国策だけでなく商人・海軍・政府の三者関係を通した動きと捉えることで、商人が植民地拡大に果たした役割を検証する。一八三〇年のアルジェリア植民地化は、マルセイユ商人を大西洋貿易に参加させる契機となった。彼らは、石鹸の油脂材を求めて西アフリカのギニア湾に進出し、市場を積極的に開拓したが、第二帝政期における海洋覇権戦略に基づく植民地政策 …

    史林 100(1), 40-73, 2017-01

    機関リポジトリ  DOI 

ページトップへ