于 燕楠 U Yennan

ID:9000402256431

富山大学大学院文学研究科修士課程 (2020年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-3 of 3

  • Exploring the Characteristics in Spatial Patterns of Haunted Spots using Nearest-neighbor Spatial-association Measure  [in Japanese]

    Suzuki Koshiro , Ito Shuichi , U Yennan

    <p><b>研究目的</b></p><p> 異なる2種の点分布間の空間的関係を分析する方法である最近隣空間的随伴尺度(以下NSM)は,地理学では商業集積の分析などに用いられ,多くの成果を挙げてきた(Lee 1979, 石﨑1998).NSMは異なる2つの点分布傾向の随伴性を示す指標であり,ランダム分布である1を挟んで値が大きいほど2者は互 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020s(0), 31, 2020

    J-STAGE 

  • Quantitative Analyses of Chronological Changes in Types and Spatial Patterns of Paranormal Events  [in Japanese]

    Koshiro SUZUKI , Yennan U

    <p>今日の地理学において,幽霊や妖怪を含む怪異は,専ら民俗学的な手法に依拠して検討されている.しかし隣接分野では,定量的な手法に基づいた知見が数多く存在し,客観性と厳密性を確保することによって学術的信頼性を高める試みが多くなされている.そこで本研究は富山県を対象とし,今からおよそ100年前(大正時代)の地元紙に連載された怪異譚と,ウェブ上に書き込まれた現代の怪異に関するうわさを内容分 …

    E-journal GEO 15(1), 55-73, 2020

    J-STAGE 

  • Some chronological change in the spatial patterns of haunted spots and ghost types as a reflection of conventional wisdom alteration  [in Japanese]

    Suzuki Koshiro , U Yennan

    <b>研究目的</b><br><br> 本発表は,地理学が得意とする空間的可視化の手法を用いて,富山県内の心霊スポットの分布が現代と100年前とでどう異なるかを空間解析し,その違いをもたらす要因について考察することを目的とする.本発表はエミックに扱われがちな事象をエティックに捉える試みであり,民俗学を中心に行われてきた妖怪変化の分類学を志向するもので …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019s(0), 35, 2019

    J-STAGE 

Page Top