都築 孝允 TSUZUKI Takamasa

ID:9000403274789

名城大学薬学部薬学科生理学研究室 Department of Physiology, Faculty of Pharmacy, Meijo University (2019年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Aberrant cellular activation in human and rat cerebellar astrocytes exposed to diphenylarsinic acid  [in Japanese]

    NEGISHI Takayuki , NAKAJIMA Mai , TSUZUKI Takamasa , YUKAWA Kazunori , SASAKI Shoto , WAKASUGI Shuya , OHISHI Yuki , SHIBATA Tomoka , TAKAGI Ayumi , KITABEPPU Ai , KONDO Yuho , TAKANO Maho

    <p> ジフェニルアルシン酸(DPAA)は、茨城県神栖市で発生した井戸水ヒ素汚染事故の原因物質であり、井戸水を使用していた住民に小脳症状を主とする神経症状がみられた。我々はこれまでに、DPAAはラット小脳由来培養アストロサイト(NRA)において、濃度・時間依存的に細胞増殖亢進と続く細胞死、低濃度長時間曝露(10 µM、96時間)により酸化ストレス応答因子(Nrf2、HO-1、およびHs …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 46.1(0), P-112, 2019

    J-STAGE 

Page Top