武藤 朋子 MUTOU Tomoko

ID:9000403274998

一般財団法人食品薬品安全センター Food and Drug Safety Center, Kanagawa, Japan (2019年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • The duration of the spermatogenesis cycle is altered by prenatally exposed to di(n-butyl)phthalate in male SD rats  [in Japanese]

    SATO Daisuke , SUGIYAMA Mitsuru , OKAYAMA Yuya , TAKAHASHI Hiroyuki , IKEGAMI Masahiro , MUTOU Tomoko , WAKUI Shin

    <p><b>【背景・目的】</b>フタル酸エステルであるDi-n-butyl-phtalate(DBP)は可塑剤として広く用いられている。さらに、輸液バッグ、カテーテルなどの医療用具にも使用されている。DBPは内分泌かく乱作用を持つとされており、精巣の形成不全、テストステロン産生阻害などが報告されている。本研究では胎生期DBP曝露による次世代の雄における精巣への …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 46.1(0), O-16, 2019

    J-STAGE 

Page Top