寺山 隼人 TERAYAMA Hayato

ID:9000403275094

東海大学医学部医学科基礎医学系生体構造機能学領域 Department of Anatomy, Division of Basic Medicine, Tokai University School of Medicine (2019年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Effect of neonicotinoid pesticide (acetamiprid) on testosterone biosynthesis and spermatogenesis in the juvenile murine testes  [in Japanese]

    TERAYAMA Hayato , UMEMOTO Kanae , QU Ning , SAKABE Kou

    <p>ネオニコチノイド系農薬(NP)はニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)へのアゴニスト作用によって害虫に対しては強い毒性を発揮するが、哺乳類には安全であるとされ世界中で汎用されている。しかし、近年、実験動物でNPが神経系、免疫系、生殖器系など様々な器官に悪影響を及ぼす事が報告されている。精巣内環境は思春期を境に精子・精子細胞が出現するため劇的に変化する。成獣雄マウスにNPを投 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 46.1(0), P-134, 2019

    J-STAGE 

Page Top