山本 聡子

Articles:  1-1 of 1

  • A study of the teachers' consideration for children attending kindergarten and day care  [in Japanese]

    山本 聡子 , 松葉 百香

    本研究の目的は、子どもの登園における保育者の配慮を明らかにすることである。そのため、オートエスノグラフィーの手法を用いて元保育者の保育実践を言語化し、SCATの手法で分析を行った。その結果、登園時の配慮を構成する要素として、① 保育者は「場の変化による不安定な時間」「集中に適した時間」という朝の捉え方をしていること、② 子ども理解に基づく環境構成が重視され、それらは常に担任が子どもの様子を把握しや …

    名古屋市立大学大学院人間文化研究科人間文化研究 (18), 97-108, 2012-12

    IR 

Page Top