臼井 規朗 Usui Noriaki

ID:9000404114729

大阪母子医療センター小児外科 Department of Pediatric Surgery, Osaka Women's and Children's Hospital (2019年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Clinical outcomes of germ cell tumors arising around fetal and neonatal upper airways

    Masahata Kazunori , Usui Noriaki , Todo Marie , Iwasaki Shun , Abe Takatoshi , Yamamichi Taku , Murakami Shizu , Yamanishi Tadashi , Hirose Masayuki , Soh Hideki

    <p>胎児や新生児の頭頸部に発生する胚細胞腫瘍は,腫瘍が巨大になると気道狭窄を来すため,出生後に致死的な経過をたどることがある.われわれは,胎児・新生児の上気道周囲に発生する胚細胞腫瘍(以下,本症)の治療経験から,本症の治療手段と問題点について検討した.対象は1989年から2018年までの期間に当院で経験した本症10例とし,臨床データを後方視的に検討した.診断は上顎体7例,頸部奇形腫3 …

    The Japanese Journal of Pediatric Hematology / Oncology 56(2), 163-167, 2019

    J-STAGE 

Page Top