升谷 英子 Masutani Eiko

ID:9000409644444

前 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻がん教育研究センター Former, Cancer Education and Research Center, Osaka University Graduate School of Medicine (2020年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Difficulties and Related Factors of Care for Refractory Cachexia in Palliative Care Units  [in Japanese]

    Nakashima Motomi , Masutani Eiko , Arao Harue

    <p>【目的】不可逆的悪液質のケアに対して緩和ケア病棟看護師が抱く困難の実態とその関連要因を明らかにする.【方法】緩和ケア病棟看護師に無記名自記式質問紙調査を実施し,郵送にて回収した.分析は因子分析,重回帰分析を用いた.【結果】169名を分析対象とした.不可逆的悪液質のケアに対する困難は,6因子が抽出された.[衰えや死に直面した患者や家族の無力感や葛藤への対応]の困難の得点が最も高く, …

    Palliative Care Research 15(3), 185-198, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top