楠 豊和 KUSUNOKI Toyokazu

ID:9000411085397

横浜市立大学医学部解剖学第二講座 Department of Anatomy, Yokohama City University School of Medicine (1996年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • The Ultrastructure of Infrared Receptors in a Boid Snake, <i>Python regius</i>: Evidence for Periodic Regeneration of the Terminals  [in Japanese]

    AMEMIYA Fumiaki , GORIS Richard C. , ATOBE Yoshitoshi , ISHII Norihisa , KUSUNOKI Toyokazu

    <p>ボールパイソンの唇板ピットの赤外線受容器の組織像を光顕および電顕にて観察した。受容器は,ピット底の角化層直下に存在し,8x20μmの縦長の終末神経塊iTNM)から成っていた。受容器は上皮細胞に囲まれ,支持されており,上皮細胞と共に,各脱皮周期に伴って,再生されては脱皮することが認められた。個々の終末は他のどの感覚器にも見られないほど数多くのミトコンドリアで満たされていた。受容器の …

    Animal Eye Research 15(1-2), 1-2_13-1-2_25, 1996

    J-STAGE 

Page Top