1996年福岡県において分離されたアデノウイルス7型の遺伝子解析と住民の抗体調査 Analysis of Genome Types of Adenovirus Type 7 Isolated in Fukuoka Prefecture in 1996

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アデノウイルス7型 (Ad7) の分離例はわが国において1994年までわずかであったが, 1995年以降全国各地でAd7の分離報告が相次いだ.福岡県においても1996年1月以降Ad7が分離されたので, 分離されたAd7についてウイルスDNAの解析, 本県におけるAd7の流行について解析を行った.<BR>Ad7分離株及び標準株 (Ad7P) のDNAの制限酵素切断パターンを比較すると, 分離株間では14種全ての酵素の切断パターンは一致した.しかし, 分離株とAd7Pでは4種の酵素について同一パターンを示したが, 残りの10種については異なる切断パターンを示した.制限酵素切断パターンの解析から今回分離されたAd7は野田らの報告した1995年国内流行株 (Ad7c) と同一株と推察された.また, 14種の制限酵素のうちAd7pDNA上の切断部位が明らかになっている10種の制限酵素について, 切断フラグメントの泳動パターンを比較すると, 少なくとも12ケ所の変異が推定された.<BR>Ad7pに対する平均中和抗体陽性率は1994年が3.6%, 1996年が9.7%で約2.7倍 (P=0.015) に上昇していたが, 依然10%未満であり今後もAd7感染症の流行に十分注意する必要がある.

Adenovirus type 7 (Ad7) was rarely isolated in Japan till 1994, but during April 1995 to August 1996, isolations of Ad7 were reported 230 cases. We isolated Ad7 in January and July 1996 in Fukuoka prefecture. We analyzed its genome type by using 14 restriction endonuclease and studied seroepidemiology of Ad7 infection in Fukuoka prefecture.<BR>Isolated Ad7 strains were identical by 14 restriction endonuclease. Between new Ad7 isolates and prototype (Gomen; Ad7p), 4 restriction endonuclease patterns were identical but 10 restriction endonuclease patterns were different. From the result of restriction endonuclease pattern analysis, genome type of Ad7 isolated in Fukuoka may be the same to Ad7c reported by Noda <I>et al.</I>(1996). The alterations in the cleavage sites of 10 restriction endonucleases between new Ad7 isolates and Ad7p were revealed at least 12 sites.<BR>Ad7 antibody positive rates in serum specimens collected in Fukuoka Prefecture were 3.6% in 1994 and 9.7% in 1996.

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 71(9), 895-898, 1997-09-20

    The Japanese Association for Infectious Diseases

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008721503
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    4306178
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ