非均一ネットワーク結合力学系における同期状態の時間発展(セッション9:ネットワークと知能) Time evolution of synchronization in coupled dynamical systems with heterogeneous networks

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では,非均一ネットワーク上の結合力学系に関する,同期状態の時間発展を調べ検討した.結合力学系としては正弦波結合する位相振動子を対象とし,系全体の位相コヒーレンスを時間に沿って観測した.その結果,ネットワークの非均一性の減少に従い位相コヒーレンスが減少することが分かり,これはマスター安定性関数による解析の逆となった.更に,位相コヒーレンスのパワースペクトルを観測したところ,スペクトルのベキ指数が非均一性の減少に従って増加することが明らかとなった.

In this paper, we study time evolution of synchronization in coupled dynamical systems with heterogeneous networks. We model phase oscillators with sinusoidal couplings as the coupled dynamical systems, and observe their phase coherence along with time. As a result, it is found that the phase coherence reduces as the network heterogeneity reduces. This is paradoxical to the result given by the master stability function. Moreover, we examine the power spectra of the phase coherences, then it becomes clear that power exponents of the spectra increase as the heterogeneity decrease.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系]

    情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系] 2007(26), 181-186, 2007-03-14

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006277178
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11135936
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    8705180
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ