Orpheus:歌詞の韻律に基づいた自動作曲システム Orpheus : A System for Prosody-based Automatic Song Composition from the Lyrics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 深山 覚 FUKAYAMA SATORU
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, the University of Tokyo
    • 中妻 啓 NAKATSUMA KEI
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, the University of Tokyo
    • 酒向慎司 SAKO SHINJI
    • 名古屋工業大学大学院工学研究科 Graduate School of Engineering, Nagoya Institute of Technology
    • 西本 卓也 NISHIMOTO TAKUYA
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, the University of Tokyo
    • 小野 順貴 ONO NOBUTAKA
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, the University of Tokyo

抄録

本稿では歌詞の韻律を用いた歌唱曲の新しい自動作曲手法を提案する。旋律を音の経路と捉え作曲を経路探索問題として定式化することで、任意の日本語の歌詞を用いた歌唱曲の自動作曲が、歌詞の韻律に基づく制約条件下での最尤経路探索問題を解くことで実現できることを示す。さらにこの作曲原理を実装した自動作曲システム "Orpheus" を用いて実際に楽曲生成を行い、作曲家による生成された楽曲に対する評価を踏まえて、今回の手法によって妥当な音楽性をもった歌唱曲が生成されたことを検証する。In this paper, we discuss a new algorithm for automatic song composition and introduce our new composition system named "Orpheus". We show that composing melody on Japanease lyrics can be done automatically by considering musical composition task as an optimal-path search problem under constraints of the upward and downward pitch motions given from the prosody of the lyrics. Valuation on the results generated by "Orpheus" by a musical composer is also reported, which indicates that our new system can compose a song with a proper degree of musicality.

In this paper, we discuss a new algorithm for automatic song composition and introduce our new composition system named "Orpheus". We show that composing melody on Japanease lyrics can be done automatically by considering musical composition task as an optimal-path search problem under constraints of the upward and downward pitch motions given from the prosody of the lyrics. Valuation on the results generated by "Orpheus" by a musical composer is also reported, which indicates that our new system can compose a song with a proper degree of musicality.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS)  

    情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS) 2008(78(2008-MUS-076)), 179-184, 2008-07-30 

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  8件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006885356
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10438388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    9638805
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IPSJ 
ページトップへ