仮想作業空間のための空間インタフェース装置SPIDARの提案とその実現

この論文をさがす

著者

    • 平田, 幸広 ヒラタ, ユキヒロ

書誌事項

タイトル

仮想作業空間のための空間インタフェース装置SPIDARの提案とその実現

著者名

平田, 幸広

著者別名

ヒラタ, ユキヒロ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第2669号

学位授与年月日

1993-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p4 (0007.jp2)
  4. 1.1 形状設計・生成における自動化の歴史 / p4 (0007.jp2)
  5. 1.2 形状設計におけるヒューマン・インタフェースの現状と問題点 / p8 (0011.jp2)
  6. 1.3 人工現実感 / p12 (0015.jp2)
  7. 1.4 本研究の目的と概要 / p18 (0021.jp2)
  8. 第2章 仮想作業空間の構成要素 / p20 (0023.jp2)
  9. 2.1 はじめに / p20 (0023.jp2)
  10. 2.2 実作業空間における作業の分析 / p21 (0024.jp2)
  11. 2.3 仮想作業空間の構成要素―知覚サイクルの仮想化― / p24 (0027.jp2)
  12. 2.4 まとめ / p27 (0030.jp2)
  13. 第3章 仮想作業空間のためのインタフェース装置SPIDAR / p28 (0031.jp2)
  14. 3.1 はじめに / p28 (0031.jp2)
  15. 3.2 形状加工作業のためのSPIDAR / p29 (0032.jp2)
  16. 3.3 組立作業のためのSPIDAR II / p34 (0037.jp2)
  17. 3.4 力覚生成能力を持つSPIDAR III / p37 (0040.jp2)
  18. 3.5 まとめ / p40 (0043.jp2)
  19. 第4章 形状加工作業のための仮想作業空間―仮想轆轤― / p41 (0044.jp2)
  20. 4.1 はじめに / p41 (0044.jp2)
  21. 4.2 回転形状の変形モデル / p42 (0045.jp2)
  22. 4.3 評価実験 / p54 (0057.jp2)
  23. 4.4 まとめ / p67 (0070.jp2)
  24. 第5章 組立作業のための仮想作業空間―仮想積木― / p68 (0071.jp2)
  25. 5.1 はじめに / p68 (0071.jp2)
  26. 5.2 実際のpick-and-place作業の分析実験 / p69 (0072.jp2)
  27. 5.3 触覚フィードバックを伴う仮想積木の世界 / p72 (0075.jp2)
  28. 5.4 力覚フィードバックを伴う仮想組立作業 / p95 (0098.jp2)
  29. 5.5 まとめ / p103 (0106.jp2)
  30. 第6章 結論 / p104 (0107.jp2)
  31. 6.1 本論文の要約 / p104 (0107.jp2)
  32. 6.2 今後の課題 / p107 (0110.jp2)
  33. 付録 / p108 (0111.jp2)
  34. A SPIDARにおける位置計測について(補足) / p108 (0111.jp2)
  35. B 変形モデルの完全性 / p111 (0114.jp2)
  36. C 指の傾き検出 / p117 (0120.jp2)
  37. D Thurstone法 / p119 (0122.jp2)
  38. E 力覚生成アルゴリズム / p120 (0123.jp2)
  39. 謝辞 / p127 (0130.jp2)
  40. 参考文献 / p128 (0131.jp2)
  41. 論文・学会発表 / p130 (0133.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097010
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097238
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261324
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ