書誌事項

首無の如き祟るもの

三津田信三 [著]

(講談社文庫, [み-58-3])

講談社, 2010.5

タイトル読み

クビナシ ノ ゴトキ タタル モノ

大学図書館所蔵 件 / 14

注記

原書房 (2007年5月刊) の「講談社文庫」化

主な参考文献: p603

内容説明・目次

内容説明

奥多摩の山村、媛首村。淡首様や首無の化物など、古くから怪異の伝承が色濃き地である。三つに分かれた旧家、秘守一族、その一守家の双児の十三夜参りの日から惨劇は始まった。戦中戦後に跨る首無し殺人の謎。驚愕のどんでん返し。本格ミステリとホラーの魅力が鮮やかに迫る。「刀城言耶」シリーズ傑作長編。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB02118330
  • ISBN
    • 9784062766456
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    613p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ