農村計画における住民参加の導入と展望 Introductions and Prospects for the Residents Participation in the Process of Rural Planning

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

CIT時代の安易さで,住民参加と農村計画の2つをキーワード検索してみると,26万件というヒット数が現れる。学会関係の報告・論文はむろんのこと,ジャーナリズム関係,行政関係など多岐にわたる分野で「住民参加+農村計画」は論究され具体化もされてきたことに,今更ながら気づかされる。これら全てに目を通すのは個人の限界を超えること自明であり,本稿は,筆者の関わってきた時間・空間の範囲での限られた論考になることをまずお断りしておきたい。時間的には,農村建築・集落を研究テーマとして農村に入り始めた1960年代以降に限られるし,空間的には参加の一手法としてのワークショップを多くの地域で催してきたが,原点には雪深い山形県飯豊町での10年余りにわたるまちづくりの経験がある。この時間・空間を土台にして,住民参加の展望までをスケッチしたいと思う。

収録刊行物

  • 農村計画学会誌 = Journal of Rural Planning Association

    農村計画学会誌 = Journal of Rural Planning Association 30(3), 461-465, 2011-12-30

    農村計画学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030475348
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00386889
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09129731
  • NDL 記事登録ID
    023459424
  • NDL 請求記号
    Z18-1918
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ