合掌造り家屋と集落の再生 -白川郷と五箇山の事例-  [in Japanese] Conservation of Gassho-style Houses and Villages  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

「白川郷・五箇山の合掌造り集落」は1995年に世界遺産に登録された。合掌造り家屋がある岐阜県白川村荻町,富山県南砺市菅沼および相倉という3つの集落が日本の世界文化遺産でははじめて人が生活している登録資産になった。「古民家再生」という言葉には,使わなくなった伝統的な様式の家屋を修復し別の用途に転用するイメージがある。ひとつひとつの建物に対して使われる場合が多く,集落の保全とは区別して考えたほうがわかりやすい。このように考えると,一見,世界遺産の合掌造り集落に「古民家再生」という言葉は馴染まないように見える。しかし,集落の保全と歩みを同じくして建物の再生が地域内外で続けられてきた。かつて白川郷から五箇山にかけて庄川沿いに点在していた集落の家屋はほとんどが合掌造りであった。1950年から70年代にかけて合掌造り家屋が激減する中で,一部の建物や集落が「保存」によって再生し継承されてきた。そして,地域の人が継続して生活を続け,集落全体が保全とともに変化して現在に至っているのである。同じ合掌造り家屋の集落でも,白川郷と五箇山では保護制度と保存のきっかけが異なり,それが現在の「まもりかた」の違いの要因になっているともいわれている。本稿ではそのような背景もふまえて,白川郷と五箇山というふたつの事例から,合掌造り家屋と集落の再生について述べる。

“Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama” was inscribed on the World Heritage List in 1995. Conservation of those villages started in 1960's. Residents organized village's community association in Shirakawa-go. Ainokura and Suganuma villages in Gokayama were designated as National Historic Sites in 1970's. Many gassho-style houses were moved to both inside and outside of the area. Some of them have been used for museums, and others for restaurants. It is possible that networking all houses scattered in Japan and using them as information centers of the World Heritage Sites.

Journal

  • JOURNAL OF RURAL PLANNING ASSOCIATION

    JOURNAL OF RURAL PLANNING ASSOCIATION 32(2), 117-120, 2013-09-30

    THE ASSOCIATION OF RURAL PLANNING

References:  18

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10031203292
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00386889
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    09129731
  • NDL Article ID
    024910001
  • NDL Call No.
    Z18-1918
  • Data Source
    CJP  NDL  IR  J-STAGE 
Page Top