ART MUSEUMにおける感性モデルに関する考察  [in Japanese] A Study of Kansei Modeling on ART MUSEUM  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では, フルカラー絵画データベースART MUSEUMにおける感性モデルについて考察を行った.WEB上に公開しているART MUSEUMは, 1998年4月から2001年3月までの3年間に5000件以上のアクセスがある.これらのアクセスログより, 利用者のアクセス傾向を調査した.その結果, 利用者のうち約半数がシステムへのフィードバックを行っていたこと, フィードバックを行った利用者は感性検索も積極的に行っていたこと, フィードバック回数は大半の利用者が1〜3回だったこと, などがわかった.また, 各利用者の感性モデルが, 平均モデルからどれだけ変化しているのか比較を試みた.利用者プロファイルを用いて解析を行うにはデータが十分ではなかったため, 今後の課題として, 特にインタフェース部分の改良が挙げられる.

This paper describes a study of Kansei modeling on the image retrieval system ART MUSEUM, which can treat Kansei information. We have had over 5,000access logs on ART MUSEUM since April 1998 till March 2001, and checked these logs. As a results, it's found that half users have operated feedback to the system, they have repeated Kansei retrieval many times, but most of them have operated feedback only a few times. And we tried to compare each user's Kansei model with an average kansei model.It's not enough data for data mining still now. It's need to develop user interface to feedback more easily.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 124, 65-72, 2001-05-21

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  6

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002945531
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10112482
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Part of a Book
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    5805133
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top