東海ブロックにおけるHIV-1非サブタイプBの動向調査と伝播性薬剤耐性変異の頻度  [in Japanese] Trends in Transmitted Drug Resistance and Prevalence of Non-B Subtype in Newly Diagnosed Individuals with HIV-1 in the Tokai Area  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 岡﨑 玲子 OKAZAKI Reiko
    • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(現MSD株式会社)(現ヴィーブヘルスケア株式会社) National Hospital Organization Nagoya Medical Center
    • 羽柴 知恵子 HASHIBA Chieko
    • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(現MSD株式会社)(現ヴィーブヘルスケア株式会社) National Hospital Organization Nagoya Medical Center
    • 中畑 征史 NAKAHATA Masashi
    • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(現MSD株式会社)(現ヴィーブヘルスケア株式会社) National Hospital Organization Nagoya Medical Center
    • 小暮 あゆみ KOGURE Ayumi
    • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(現MSD株式会社)(現ヴィーブヘルスケア株式会社) National Hospital Organization Nagoya Medical Center
    • 服部 純子 HATTORI Junko
    • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(現MSD株式会社)(現ヴィーブヘルスケア株式会社) National Hospital Organization Nagoya Medical Center
    • 伊部 史朗 IBE Shiro
    • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(現MSD株式会社)(現ヴィーブヘルスケア株式会社) National Hospital Organization Nagoya Medical Center
    • 重見 麗 SHIGEMI Urara
    • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(現MSD株式会社)(現ヴィーブヘルスケア株式会社) National Hospital Organization Nagoya Medical Center
    • 今橋 真弓 IMAHASHI Mayumi
    • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(現MSD株式会社)(現ヴィーブヘルスケア株式会社) National Hospital Organization Nagoya Medical Center
    • 岩谷 靖雅 IWATANI Yasumasa
    • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(現MSD株式会社)(現ヴィーブヘルスケア株式会社) National Hospital Organization Nagoya Medical Center
    • 杉浦 亙 SUGIURA Wataru
    • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(現MSD株式会社)(現ヴィーブヘルスケア株式会社) National Hospital Organization Nagoya Medical Center
    • 蜂谷 敦子 HACHIYA Atsuko
    • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(現MSD株式会社)(現ヴィーブヘルスケア株式会社) National Hospital Organization Nagoya Medical Center
    • 横幕 能行 YOKOMAKU Yoshiyuki
    • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(現MSD株式会社)(現ヴィーブヘルスケア株式会社) National Hospital Organization Nagoya Medical Center
    • 松田 昌和 MATSUDA Masakazu
    • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(現MSD株式会社)(現ヴィーブヘルスケア株式会社) National Hospital Organization Nagoya Medical Center
    • 久保田 舞 KUBOTA Mai
    • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター(現MSD株式会社)(現ヴィーブヘルスケア株式会社) National Hospital Organization Nagoya Medical Center
    • 谷口 晴記 TANIGUCHI Haruki
    • 地方独立行政法人三重県立総合医療センター Local Independent Administrative Institution Mie Prefectural General Medical Center

Abstract

<p>2009年から2017年までに東海ブロック(愛知県,静岡県,岐阜県,三重県)のHIV/AIDS診療拠点病院を受診したHIV-1新規診断症例から分離されたHIV-1非サブタイプBの動向と伝播性薬剤耐性変異の頻度について解析を行った.<BR> 東海ブロックで検出された非サブタイプBは11.2%を占めていた.CRF01_AE,サブタイプC,CRF02_ AGが多く,その他にサブタイプA,F,G,ならびにBF組換えウイルスが検出された.推定感染場所は,CRF01_AE,サブタイプC,CRF02_AGいずれも国内が多かった.特にCRF02_AGの感染症例が東海ブロックで増えており(1例:2009~2011,4例:2012~2014,7例:2015~2017),分子系統樹解析から12 例中8例のウイルスは一つの伝播クラスターを形成していた.この伝播クラスターの感染経路は同性間,異性間,同性・異性間性的接触であり,複数のハイリスク集団に急速に伝播していると思われた.<BR> 非サブタイプB,伝播性薬剤耐性ウイルスに感染した症例の割合は8.0%と,国内の報告に比べ低い傾向であった.治療薬の作用機序別でみると,核酸系逆転写酵素阻害剤が3.6%,プロテアーゼ阻害剤が3.6%,非核酸系逆転写酵素阻害剤が1.8%であった.しかしCRF01_AE症例に限ってみると伝播性薬剤剤耐性ウイルスの割合は13.2%と高く,アジアでの感染が推測される症例から多剤耐性ウイルスが検出された.国内でオリンピック等の国際的なイベントの開催や,外国人観光客の急激な増加,外国人就労拡大により,今後国外で流行するHIVによる感染症例が増加する可能性が非常に高い.感染予防策を講じる上で,東海ブロックで流行するHIV-1の傾向ならびに伝播性薬剤耐性に関する分子疫学調査をさらに強化していく必要があると思われた.</p>

<p>The trend in transmitted drug resistance (TDR) and prevalence of non-B HIV-1 infected individuals newly diagnosed at participating HIV/AIDS clinics in the Tokai area were evaluated during the period 2009-2017.<BR> Non-B subtype infections accounted for 11.2% of new diagnoses in the Tokai area. Most individuals were infected with CRF01_AE, followed by subtype C and CRF02_AG, A, F, G and BF recombinant virus. The estimated location of infection in Japan was most observed in the CRF01_AE, subtype C and CRF01_ AG. The number of cases were individuals have been infected with HIV-1 CRF02_AG has been increasing (1 case in 2009-2011, 4 cases in 2012-2014 and 7 cases in 2015-2017) among men who have sex with men (MSM),heterosexual and non-specific sexual communities. The molecular phylogenic analysis revealed that 8 of the 12 individuals infected with HIV-1s CRF02_AG belong to the same transmission cluster. These data suggested that HIV-1 CRF02_AG may rapidly spread among multiple communities in the Tokai area.<BR> The overall prevalence of TDR in non-B subtype infected individuals (8.0% in 2009-2017) was slightly lower than that of the nationwide surveillance (9.1% in 2008-2011). The frequencies of TDR mutation in HIV 1 non-B subtype were nucleoside reverse transcriptase inhibitor (NRTI)-associated resistance (3.6%), protease inhibitor (PI) (3.6%) and non-nucleoside reverse transcriptase inhibitor (NNRTI) (1.8%). In the CRF01_ AE, TDR prevalence was 13.2%, and multiple drug resistance of the virus was observed.<BR> It could be anticipated that an expansion in the number of foreign workers as the nation attempts to be the host country for the Olympic Games could lead to an increase in the number of foreigners in Japan. Therefore, non-B HIV-1s from immigration-related and international traveler carriers might lead to different HIV-1 trends in Japan. We need to evaluate effective prevention strategies and to strengthen epidemiological surveillance on TDR and circulating HIV-1s among newly diagnosed individuals in the Tokai area.</p>

Journal

  • Kansenshogaku Zasshi

    Kansenshogaku Zasshi 93(3), 298-305, 2019

    The Japanese Association for Infectious Diseases

Codes

Page Top