「質より量のアプローチ」による音声認識のシミュレーションと計算機の性能評価  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

我々は、聴覚障害を持つ学生のために多くの初心者学生ボランティアがノートテイクするシステムを提案した。「質より量のアプローチ」によるノートテイクシステムである。次に、ボタンティア確保と入力精度向上を目的に、キーボード入力を講師による音声入力に置き換え、音声認識に「質より量」のアプローチを適用することを提案した。 本研究では、まず、音声認識システムの並列実行についての数学モデルとそのコンピュータシミュレーション結果を簡単に紹介する。次に、音声認識プログラムを並列実行させて、計算機への負荷の程度を調べることで、計算機ハードウェアの性能評価を行う。そして、現在の技術水準で実現可能なノートテイクシステムとその将来像について検討する

Journal

  • 第73回全国大会講演論文集

    第73回全国大会講演論文集 2011(1), 353-354, 2011-03-02

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    170000089275
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    conference paper
  • Data Source
    IPSJ 
Page Top