巨大DNAにみられる転移挙動

この論文をさがす

著者

    • 上田, 正則 ウエダ, マサノリ

書誌事項

タイトル

巨大DNAにみられる転移挙動

著者名

上田, 正則

著者別名

ウエダ, マサノリ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第3799号

学位授与年月日

1997-06-09

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 はじめに / p1 (0009.jp2)
  3. 1.1 本研究の目的と論文の構成 / p2 (0010.jp2)
  4. 1.2 DNA / p4 (0011.jp2)
  5. 2 単一の長鎖DNAの示す転移挙動;外力のない場合 / p27 (0022.jp2)
  6. 2.1 格子モデル / p28 (0023.jp2)
  7. 2.2 長鎖DNAに起こるコイル-グロビュール転移 / p38 (0028.jp2)
  8. 2.3 長鎖DNAのブラウン運動 / p54 (0036.jp2)
  9. 3 絡み合いのある系での長鎖DNAのダイナミクス;定常電場の場合 / p61 (0039.jp2)
  10. 3.1 絡み合い高分子のダイナミクス / p64 (0041.jp2)
  11. 3.2 ゲル電気泳動 / p74 (0046.jp2)
  12. 3.3 非架橋中性高分子中での電気泳動-DNAに見られる泳動形態の転移挙動 / p87 (0052.jp2)
  13. 3.4 非架橋中性高分子を用いたキャピラリー電気泳動によるDNAの分析 / p121 (0069.jp2)
  14. 3.5 まとめ / p135 (0076.jp2)
  15. 4 絡み合いのある系での長鎖DNAのダイナミクス;交流電場の場合 / p137 (0077.jp2)
  16. 4.1 ゲル中での応答-バイアス正弦電場ゲル電気泳動 / p138 (0078.jp2)
  17. 4.2 非架橋中性高分子中での応答 / p146 (0082.jp2)
  18. 4.3 実用化に向けて / p172 (0095.jp2)
  19. 5 まとめ / p179 (0098.jp2)
  20. A 蛍光顕微鏡法について / p187 (0102.jp2)
  21. なぜ見えるのか / p188 (0103.jp2)
  22. B キャピラリー電気泳動法について / p193 (0105.jp2)
  23. キャピラリー電気泳動とは / p194 (0106.jp2)
  24. キャピラリー電気泳動のバンドの広がり / p203 (0110.jp2)
  25. キャピラリー電気泳動で何ができるか / p208 (0113.jp2)
  26. キャピラリー電気泳動の実際 / p211 (0114.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151153
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068103
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315467
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ