監査人としての公認会計士の責任 : 英米の先例に学ぶ対第三者責任明確化への方向性

この論文をさがす

著者

    • 安達, 巧 アダチ, タクミ

書誌事項

タイトル

監査人としての公認会計士の責任 : 英米の先例に学ぶ対第三者責任明確化への方向性

著者名

安達, 巧

著者別名

アダチ, タクミ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(経済学)

学位授与番号

甲第6651号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 公認会計士の監査責任明確化の必要性 / p1 (0007.jp2)
  3. 0.1.問題の背景 / p1 (0007.jp2)
  4. 0.2.問題意識 / p3 (0009.jp2)
  5. 0.3.本稿の構成 / p5 (0011.jp2)
  6. 第1部 アメリカにおける会計士の対第三者責任 / (0015.jp2)
  7. 第1章 連邦証券諸法上の責任 / p10 (0016.jp2)
  8. 1.1.連邦証券諸法上の会計士監査制度の概要 / p10 (0016.jp2)
  9. 1.2.1933年証券法上の責任 / p11 (0017.jp2)
  10. 1.3.1934年証券取引所法上の責任 / p11 (0017.jp2)
  11. 1.4.連邦の裁判制度の概要 / p14 (0020.jp2)
  12. 1.5.連邦証券諸法を根拠とする会計士の監査責任判例 / p16 (0022.jp2)
  13. 1.6.小括 / p25 (0031.jp2)
  14. 第2章 判例法上の責任 / p31 (0037.jp2)
  15. 2.1.会計士の対第三者責任を考察するための枠組み / p31 (0037.jp2)
  16. 2.2.州の裁判制度の概要 / p33 (0039.jp2)
  17. 2.3.対第三者責任の範囲を確定するための4つの基準 / p34 (0040.jp2)
  18. 2.4.小括 / p46 (0052.jp2)
  19. 第3章 AICPAのSAP及びSASにみる期待ギャップと認識ギャップ ―「経営者不正の発見に関する監査人の責任」問題を中心として― / p53 (0059.jp2)
  20. 3.1.SAP及びSASを取り上げる理由 / p53 (0059.jp2)
  21. 3.2.「監査人の責任」問題等への監査基準設定主体(AICPA)の対応 / p54 (0060.jp2)
  22. 3.3.小括 / p66 (0072.jp2)
  23. 第2部 イギリスにおける会計士の対第三者責任 / (0078.jp2)
  24. 第4章 監査人としての会計士の役割と責任―会社法の枠組み / p73 (0079.jp2)
  25. 4.1.監査人としての会計士の役割 / p73 (0079.jp2)
  26. 4.2.監査人としての会計士の権限 / p74 (0080.jp2)
  27. 4.3.監査人としての会計士の注意義務 / p74 (0080.jp2)
  28. 4.4.監査人としての会計士の責任 / p75 (0081.jp2)
  29. 4.5.小括 / p76 (0082.jp2)
  30. 第5章 判例法上の責任 / p80 (0086.jp2)
  31. 5.1.会計士の対第三者責任を考察するための枠組み / p80 (0086.jp2)
  32. 5.2.イギリスの裁判制度の概要 / p81 (0087.jp2)
  33. 5.3.判例動向にみる会計士の対第三者責任 / p82 (0088.jp2)
  34. 5.4.小括 / p93 (0099.jp2)
  35. 第3部 会計士の役割拡大と監査人としての責任 / (0103.jp2)
  36. 第6章 英米における企業統治監査の制度化 / p98 (0104.jp2)
  37. 6.1.イギリスにおける企業統治監査の制度化 ―ロンドン証券取引所上場規程の改正― / p98 (0104.jp2)
  38. 6.2.アメリカにおける企業統治監査の制度化 ―私的証券訴訟改革法の成立― / p100 (0106.jp2)
  39. 6.3.小括 / p101 (0107.jp2)
  40. 第7章 不当な責任負担からの監査人の保護 / p104 (0110.jp2)
  41. 7.1.監査人の保護策検討の意義 / p104 (0110.jp2)
  42. 7.2.英米両国の訴訟環境の相違 / p105 (0111.jp2)
  43. 7.3.監査契約における責任制限 / p105 (0111.jp2)
  44. 7.4.米国私的証券訴訟改革法における監査人の保護及び限界 / p108 (0114.jp2)
  45. 7.5.小括 / p109 (0115.jp2)
  46. 第4部 公認会計士の監査責任明確化に向けて / (0118.jp2)
  47. 第8章 総括 / p113 (0119.jp2)
  48. 8.1.監査人の責任の前提 ―取締役の責任と監査人の責任との区別― / p113 (0119.jp2)
  49. 8.2.監査人の対第三者責任の範囲 / p114 (0120.jp2)
  50. 8.3.監査人の責任認容の要件 / p115 (0121.jp2)
  51. 第9章 今後の課題 / p119 (0125.jp2)
  52. 9.1.職業監査人側の対応 / p119 (0125.jp2)
  53. 9.2.その他の監査関係者の対応 / p120 (0126.jp2)
  54. 9.3,制度面での対応 / p121 (0127.jp2)
  55. 参考文献 / p123 (0129.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170670
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170944
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000334984
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ