現代文学と美術の交流に関する実証的研究 : 川端康成を中心に

この論文をさがす

著者

    • 谷口, 幸代 タニグチ, サチヨ

書誌事項

タイトル

現代文学と美術の交流に関する実証的研究 : 川端康成を中心に

著者名

谷口, 幸代

著者別名

タニグチ, サチヨ

学位授与大学

お茶の水女子大学

取得学位

博士 (人文科学)

学位授与番号

甲第113号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 / p1 (0008.jp2)
  3. 第一章 志賀直哉と俵屋宗達-志賀のもう一つの戦後- / p7 (0014.jp2)
  4. はじめに / p7 (0014.jp2)
  5. 第一節 志賀直哉における宗達・その持続と変容の相 / p8 (0015.jp2)
  6. 第二節 『座右宝』から『樹下美人』へ / p14 (0021.jp2)
  7. 第三節 宗達のリアリティー / p18 (0025.jp2)
  8. 第二章 川端康成と古美術-まなざしの饗宴- / p23 (0030.jp2)
  9. はじめに / p23 (0030.jp2)
  10. 第一節 創作の源泉としての古美術-北鎌倉の会を中心に- / p24 (0031.jp2)
  11. 第二節 川端康成と志賀直哉-小動物の描写から- / p30 (0037.jp2)
  12. 第三節 川端康成と小林太市郎-「柳楓白鷺四季の図」の風景- / p34 (0041.jp2)
  13. 第三章 川端康成と琳派-『山の音』とそのエスキースの背景をめぐって- / p39 (0046.jp2)
  14. はじめに / p39 (0046.jp2)
  15. 第一節 『山の音』のエスキース-『再会』・『明月』・『千羽鶴』・『日も月も』 / p40 (0047.jp2)
  16. 第二節 『山の音』-<菊>と<もみじ>- / p46 (0053.jp2)
  17. 第四章 川端康成と浦上玉堂-『名人』の<封じ手>を解く- / p53 (0060.jp2)
  18. はじめに / p53 (0060.jp2)
  19. 第一節 観戦記者浦上の<登場> / p54 (0061.jp2)
  20. 第二節 <哀愁>の由来 / p58 (0065.jp2)
  21. 第三節 観戦記者浦上の視線-田能村竹田「山中人饒舌』との関連から- / p61 (0068.jp2)
  22. 第四節 観戦記者浦上の<退場> / p64 (0071.jp2)
  23. 第五章 『美しい日本の私-その序説-』の構図-茶の湯からの仮説- / p69 (0076.jp2)
  24. 第一節 『美しい日本の私-その序説-』を読み解くために / p69 (0076.jp2)
  25. 第二節 『美しい日本の私』の表地と裏地 / p71 (0078.jp2)
  26. 第三節 茶会記としての『美しい日本の私』 / p76 (0083.jp2)
  27. 第四節 川端の茶心 / p80 (0087.jp2)
  28. 第五節 『美しい日本の私』の<私> / p83 (0090.jp2)
  29. 第六章 安東次男と小林太市郎-与謝蕪村論の軌跡- / p86 (0093.jp2)
  30. はじめに / p86 (0093.jp2)
  31. 第一節 小林太市郎への<反歌>-『澱河歌の周辺』 / p88 (0095.jp2)
  32. 第二節 「澱河歌」から「紅梅白梅図」へ-女体幻想- / p93 (0100.jp2)
  33. 第三節 光琳への執念-<反歌>から<挽歌>へ- / p95 (0102.jp2)
  34. 結び / p99 (0106.jp2)
  35. 第七章 秦恒平と小林太市郎-『誘惑』の逆説- / p100 (0107.jp2)
  36. はじめに / p100 (0107.jp2)
  37. 第一節 絵屋槙子の由来 / p102 (0109.jp2)
  38. 第二節 もうひとりの<絵屋槙子> / p106 (0113.jp2)
  39. 第三節 誘惑する語り手 / p110 (0117.jp2)
  40. 結び / p113 (0120.jp2)
  41. 第八章 俵屋宗八という人-『青べか物語』の<私>- / p115 (0122.jp2)
  42. はじめに / p115 (0122.jp2)
  43. 第一節 <原型>から『青べか物語』へ / p116 (0123.jp2)
  44. ①『青べかを買う』と「『青べか』を買った話」 / p118 (0125.jp2)
  45. ②『驢馬馴らし』と「青べか馴らし」 / p120 (0127.jp2)
  46. ③『お繁』と「繁あね」 / p122 (0129.jp2)
  47. 第二節 <私>の遠近法 / p125 (0132.jp2)
  48. 結びに代えて-文学史の中の『青べか物語』- / p130 (0137.jp2)
  49. 結論 / p133 (0140.jp2)
  50. 注 / p139 (0146.jp2)
  51. 補注 / p163 (0170.jp2)
  52. 図版 / p167 (0174.jp2)
  53. 参考文献 / p175 (0182.jp2)
13アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000185104
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000185386
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000349418
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ